Skip to main content

部門紹介

心臓カテーテル室

心臓カテーテル検査は主にそけい部の血管から心臓の内部にカテーテルという細い管を入れて造影検査を行い診断します。検査は循環器内科医が行い、適応がある疾患にはカテーテルを用いた血管内治療(IVR:Interventional Radiology)を行っています。当センターで行っているIVRには血管狭窄に対するバルーン拡張術やステント留置術、動脈管開存症(PDA)や側副血行路に対するコイル塞栓術、バルーン心房中隔裂開術(BAS)などがあります。また、心房中隔欠損閉鎖術や経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション治療)も行っています。検査中は循環器内科医以外にも看護師、放射線技師、臨床工学技士などが協力して検査を行い、安全に検査が行えるよう努めています。

検査にはFPD(Flat Panel Detector)搭載の装置を使用し、被ばく低減に努めています。検査終了後、画像は動画サーバで保管管理され、速やかに院内の端末で画像の確認が行えます。

心臓カテーテル室