Skip to main content

診療科紹介

その他

現在、日本の周産期医療は危機的な状況に直面しております。周産期に従事する産科医・小児科医が減少し分娩取り扱い施設が次々と閉鎖を余儀なくされています。一方では、不妊治療による多胎妊娠の増加や低出生体重児の増加等によりハイリスク妊娠は増加しています。こうした中で県内の産婦人科の先生方や患者さんより当総合周産期母子医療センターへ寄せられる要望、期待は大きなものがあると思います。こうした期待を裏切ることなく、そして、母と子、さらにその家族にもやさしい、きめの細かい周産期診療を目指して努力していきたいと思います。