第2回胎児心エコー研究会講座を開催しました
 2013年6月1日(土)、『第2回 胎児心エコー研究会講座』を開催しました。
 前回は2012年11月に胎児の心エコースクリーニング方法を中心に講演を行い、群馬県内全域より57人の参加がありました。
 今回の研究会には群馬県内だけでなく埼玉県も含めた合計65人の産科医師・超音波検査技師が参加しました。
 これにより群馬県 内の出生前診断の向上につながることを期待します。
 特別講演として埼玉県立小児医療センターの菱谷隆先生による「胎児遠隔診 断って何?-埼玉県の遠隔診断システム-」、ワイズレディスクリニックの田口知里先生による「検査技師による胎児超音波スクリ ーニング-胎児遠隔診断の実際-」という超音波画像システムを用いた遠隔診断システムについてお話していただきました。
 また群馬県立小児医療センターとの胎児遠隔診断を試みての感想を佐藤病院の佐藤雄一先生よりいただきました。
 今後も引き続き研究会を企画するとともに、遠隔診断についても試行錯誤を重ね、県内の出生前診断・治療の一助になれればと考えています。
2013年6月吉日
2013年6月4日上毛新聞に研究会の記事が掲載されました。