薬剤部
薬剤部
1.スタッフ紹介
・薬剤師10名(嘱託2名を含む。)
2.調剤
(1)医師の処方箋に基づいて、薬を患者さん一人一人にあわせて調剤します。
(2)小児薬用量のチェックや混合時の配合変化、相互作用等を確認し安全で効果的な薬の提供に努めています。
(3)バーコードを使用した調剤監査システムを使用し、確認を徹底しています。
(4)小児の薬は粉薬が多く外観が似ている薬も多いため、薬袋や薬包紙に患者さんのお名前・薬品名・薬用量を印字し、薬の鑑別がしやすいように工夫しています。
(5)粉薬が市販されていない医薬品について、錠剤などを粉砕・分割して飲みやすいように工夫しています。
(6)注射薬は、患者さん個人別にセットし、薬の取り違えを防いでいます。
(7)外来は原則として院外処方箋を発行しています。
 
3.製剤
治療に必要な薬で市販されていないものを調製します。
 
4.高カロリー輸液(TPN)調製
 食事から必要なカロリーを摂取できないお子さんに、清潔な無菌室(クリーンルーム)で高カロリー輸液の調製を行っています。
 
5.抗がん剤調製
 抗がん剤は、決められたプロトコール(投与計画)に従い投与されます。
 薬剤部では、プロトコールをチェックし、安全キャビネットを使用して抗がん剤の調製を行っています。
 
6.医薬品情報管理業務
(1) 薬に関する情報を収集管理し、患者さん・医療スタッフに提供しています。
(2) 特に患者さんには、薬を正しく使用していただくため、薬の作用、用法用量・注意等を説明し、必要に応じて薬の説明書や「薬の飲ませ方・使い方」等のしおりをお渡ししています。また薬に関する相談はいつでも受け付けています。
 
7.治験
 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP省令)に基づき、治験の実施に取り組んでいます。



治験に係る標準業務手順書(PDF)
治験審査委員会の標準業務手順書(PDF)
標準業務手順書補遺(PDF)