歯科・障害児歯科
1.受診される方へ
 知的、身体的に障害のあるお子さまや、慢性疾患を持つお子さまの中には、お口の衛生状態を維持することが困難な場合が多いため、むし歯や歯肉の病気にかかりやすいお子さまが多く見られます。
 しかしながら、治療を行う際には、障害や病気についての専門的な知識や特別な管理法を要するため、一般の歯科医院では専門性や、時間的、設備的に対応できない場合が多くあります。
 そこで平成17年6月に、群馬県で初の障害児の三次歯科治療を目的とした歯科・障害児歯科が当センターに新設されました。
 当科は障害児の三次医療機関として設立されましたが、群馬県には歯科大学病院が無いため、可能な限り地域のニーズに対応していきたいと考えています。現在では、定型発達児の多発う蝕(むし歯)に対する全身麻酔下治療や、術後入院が必要な口腔外科小手術にも対応しています。当センターは渋川地区に設置されておりますが、病院の性格は三次医療機関ですので、全県を対象とした医療を提供しています。
2.スタッフ紹介
歯科部長 木下  樹(きのした たつき)
専門分野 歯科麻酔、障害児(者)歯科、有病児(者)歯科
資格 歯学博士、日本歯科麻酔学会認定医・専門医、日本障害者歯科学会認定医・指導医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士AHA-BLS Lead Instructor、 AHA-ACLS Instructor、AHA-PALS Lead Instructor、日本静脈経腸栄養学会TNTドクター、歯科臨床研修指導医、東京医科歯科大学歯学部非常勤講師
参加学会 日本歯科麻酔学会(代議員)、日本障害者歯科学会(代議員)、日本小児歯科学会、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会、日本口蓋裂学会、関東障害者歯科臨床研究会(群馬県幹事)、渋川摂食嚥下研究会(世話人)
 
歯科医長 大嶋 瑛(おおしま あきら)
専門分野 歯科麻酔、障害児(者)歯科、有病児(者)歯科
資格 日本歯科麻酔学会認定医、日本障害者歯科学会認定医
参加学会 日本歯科麻酔学会、日本障害者歯科学会、日本歯科保存学会、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
 
歯科医師 萩原 大子(はぎはら ひろこ)
専門分野 歯科麻酔
資格 日本歯科麻酔学会認定医
参加学会 日本歯科麻酔学会、日本障害者歯科学会
3.対象患者、および疾患
 当科では、知的、身体的な障害のため、通常の歯科治療では安全に治療が行うことのできないお子さまや、血液の病気や心臓の病気などの重い病気をもつお子さまについて、院内の関係する診療科と連携し、全身麻酔を含め、全身状態をモニターで管理、コントロールを行いながらの歯科治療を中心に行っております。
 また、外来のみならず、さまざまな病気で入院中のお子さまの治療、口腔衛生管理も行っております。さらに、治療終了後の定期的なお口の衛生管理(予防や指導)を積極的に行うことにより、保護者の皆様にも十分理解され、かつ関係を深めながら、お口の衛生状態を長期的に維持することを目標とした医療を提供できるよう心掛けています。
・心身の障害や全身疾患、歯科治療への協力を得ることが困難なため一般の歯科では治療を受けることができない、又は当センターに入院しているお子様であること
・原則として20歳以下であること
・原則として地域の歯科医院又は保健センター等から紹介があること
 対象疾患は、齲蝕(虫歯)治療、摂食・嚥下障害、義歯作製(小児義歯)、歯周治療、抜歯(埋伏歯を含む)、粘膜疾患、口腔外傷、口唇口蓋裂(哺乳床作製)
4.主な検査と治療
 ・全身管理下(モニタリング、静脈麻酔、笑気吸入麻酔)での歯科治療
 ・全身麻酔下での歯科治療(日帰り、入院)
 ・摂食・嚥下障害に対する評価、訓練(もぐもぐ外来)
 ・当センターに入院している患者様への口腔ケア・相談
 ・地域医療連携による治療
 ・診療日時 毎週 月曜日から金曜日 9:00~17:00
5.全身麻酔下歯科治療について
 当科では通常の歯科治療が困難なお子様に対し、全身麻酔下歯科治療を行っております。 平成30年度は346症例の全身麻酔下歯科治療を施行しました。治療内容やお子さまの基礎疾患、障害の程度にもよりますが、日帰りでの全身麻酔下歯科治療を積極的に行っております。
 全身麻酔下歯科治療に関する詳しい説明は、次の項目をクリックしてご覧ください。
(1) 全身麻酔で行う歯科治療について
(2) 全身麻酔について知っておいていただきたいこと
6.もぐもぐ外来について
 平成28年度より、嚥下機能支援事業(もぐもぐ外来)を行っています。小児期は摂食・嚥下機能を獲得する時期であり、お子様のステージや口の中の状況に応じた支援が必要となります。毎月第2、第4火曜日の午前中に、摂食・嚥下を専門とする歯科医師が外来を担当致します。もぐもぐ外来受診の際は、まずは歯科外来を予約していただき、そこで口の中の状況を把握した後、必要に応じて改めてもぐもぐ外来を予約していただきます。
7.患者様をご紹介いただく歯科医師の方へ
 当センターは、紹介・予約制です。
 患者様を紹介していただく際は、患者様に紹介状をお渡し下さい。
 また、来院前には電話で予約をしてから来院していただくよう患者様にお伝えください。

 ご紹介状は下の pdf ファイル(21kb)をダウンロードしていただくか、又はご連絡をいただければ用紙(診療情報提供書)を送付させていただきます。医院で使用している書式のものでも構いません。
提供書様式(pdf)
8.その他
 障害や基礎疾患を持つお子様が安心して歯科医療を受けられる場を提供することはもちろんですが、医療を提供する側も安全に、安心して医療を提供できる環境を整える必要があります。当科では、障害児や有病児の受け入れが可能な各地域医療機関の先生方と密に連絡を取り合い、診療が可能な部分は先生方にお願いし、対応困難な部分は当科で対応し、治療後は再び地域の先生にお願いできるような体制作りを行いたいと考えています。お子さまたちが楽しく笑い、会話し、おいしくお食事が摂れるような口腔機能の回復、維持管理を行えるよう努力してまいります。
 当科の考え方や診療の流れをご理解いただけるよう今後も努力していきたいと思います。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。